介護職の雇用形態とは

資格によって時給が違う介護職

介護職の雇用形態はいろいろ

高齢化社会が進む現代では、高齢者向けの介護施設や事業所が普及している一方で、介護に携わる人材不足が続いているため常に求人募集があり、雇用形態にこだわらなければほかの業種に比べて就職先が見つけ易い業種です。求人には、介護職員初任者研修修了者(ヘルパー2級)以上の資格を必須とした正社員、無資格や未経験でも採用されるパートやアルバイト、契約社員などの雇用形態があります。求人情報を見てみると正社員は、月給制で賞与や昇給などの福利厚生や育児休暇などの待遇が整っていることが多く、パートやアルバイトは週1日/1日2時間以上など勤務時間や勤務日数を相談できることがほとんどで保有している資格や経験によって時給も異なります。無資格でパートやアルバイトでヘルパーとして既に働いている方で、時給のアップや正社員への雇用形態の転換を希望する場合には、介護職員初任者研修を受講し資格保有者となることが必要です。この初任者研修は、最短で約1ヶ月程度で130時間のカリキュラムを修了できるので比較的容易に取得できるので、挑戦し易い研修です。そのため、研修制度を設けている介護施設や事業所の求人であれば、無資格で仕事を始めてから研修制度を利用し学びながら資格を取得できるので、時給アップも期待できます。

介護の基礎情報

↑PAGE TOP